交渉嫌いな人が多数? 悪い印象を与えずに交渉を運ぶ方法とは?

交渉したい時は、コレだ! 相手に対して○○して話すべし!

今度は、皆さんが今までに行ってみて、上手く行った交渉術を見ていきたいと思います。

〈あなたは交渉をうまく運ばせるときどのようなことを意識しますか〉
1位 相手の目やしぐさ・口調等を見て、同じトーンで話す
2位 事前に選択肢を多く用意しておく
3位 プッシュしすぎない
4位 相手の懐に入る
5位 相手の下調べを十分にする

3位:プッシュしすぎない

3位には13.1%で「プッシュしすぎない」という意見がランクインしました。

仕事などでは、特にはじめて訪問する先では気をつけるという人が多いこちらの結果。
確かに、初対面なのにグイグイと押されたら、あまりいい気持ちをせず、引いてしまいますよね……。
そしてこれはプライベートでも言えることであり、値切り交渉でもグイグイいくと悪い印象しか与えられず、失敗するという声が多数あげられました。
そういった皆さんの経験などから、この「プッシュしすぎない」は3番目に多い意見として選ばれたようです。

2位:事前に選択肢を多く用意しておく

2位にはなんだか賢そうな意見がランクインしていますね。
「実際の希望金額まで値切るのは、普通に考えて難しい。だからこそ、希望金額よりもやすい金額をまずは提示するようにしています。そこから徐々に金額が上げられるが、最終的に提示された金額は元の希望額前後になることが多いので、それで飲み込むようにしている」とのこと。
皆さん策士ですね……。でも確かに、それはいいかもしれませんね。

1位:相手の目やしぐさ・口調等を見て、同じトーンで話す

そして、最も多い意見で1位に選ばれたのは16.9%で「相手の目やしぐさ・口調等を見て、同じトーンで話す」でした。
「相手の説明などに相槌をうったり、視線や動きに合わせて反応を示していると、相手も悪い気はしないと思う。共感するような状態まで持っていき、『でも……』とこちらの意見を述べれば、相手もしっかりとこちらの声に耳を傾けてくれて、ある程度の条件は飲んでくれるようなことが多い」との声があげられました。
人間の心理的にそのように動いてしまうのかもしれませんね。

こうして見てみると、様々な交渉術があることも分かります。
交渉するのが苦手、嫌いという人達も、一度で良いので実践してみてはいかがでしょうか?
周りからの反応も、以外と悪くなかったりするかもしれませんよ。

■アンケート期間:2017年10月23日~10月25日
■アンケート対象:20歳以上/男女/全国を対象に、インターネットを通じアンケートを実施