プレゼンテーションの作成時間ってどれ位? みんなのコツを見てみた

文字の配色は気にかけるべし!


では次に、配色について見ていきましょう。
資料の内容なども勿論大切ですが、はじめに目に入ってくるのは資料全体の色だったりしますよね。
どんなに良い話をしていても、目がチカチカするような配色で作成した資料であれば、皆さんの脳内には、何も入ってこないかと思います。
そこで、この配色に関して気をつけている人はどれ位いるのか見ていきたいと思います。

〈あなたはプレゼンテーションの資料を作成する際、文字の配色を気にしていますか〉
■とても気にしてる
■気にしている
■気にしていない
■全く気にしていない

やはり、全体的に配色は気をつけている人が多いようですね。
私もこの配色に関しては、何度も上司に注意をうけた経験があります。
ページ内での使用する色や文字フォントは気をつけ統一させるものの、資料全体でみると、ちょっとずつ色が違っていたり、フォントも前のページと違ったものを使用していたりして、資料として残念な出来だったことが多々あります。こういった配色、文字のフォントの統一についても、いいプレゼンテーション資料を作る方法の1つとなりそうですよね。

では実際、最も多く使用されている背景色カラーは、どんな色でしょうか?


〈あなたがプレゼンテーションの資料でよく使う背景色をお答えください〉
1位 青系
2位 黄色系
3位 赤系

青系など、すこし落ち着いてような色を背景色に選ぶ人が多いようですね。
こちらもあくまでひとつの案というだけなあって、やはり1番はその資料内に盛り込む画像やイラストなどとも合う色を選んだ方が良さそうですよね。

■アンケート期間:2017年月1日~11月3日
■アンケート対象:20歳以上/男女/全国を対象に、インターネットを通じアンケートを実施