挨拶はビジネスマナーの基本?


【あなたが挨拶をする際に気をつけていることをお答えください。】

3位:視線

よく、目を見て話せと言われますよね。逆に、相手の話を聞くときは、相手の目見て話します。
これは私も意図的にやったりするのですが、話しながら目があっていると、無意識に「この人と深くコミュニケーションとれている」と思えますし、何より話も集中して聞くことができます。
それだけ目を見て話すことは大事なのかなと思います。

2位:声

また、極端な例をだしますが、何もないのに「おはようございます・・(´;ω;`))」な感じだったら、え、ど、どうしたの・・?ってびっくりしますよね?
便利なもので、声の大きさや声の明るさのトーンだけでも、だいぶ相手に与える心象が異なります。
時と場合で、使い分けられると、うまく会話運びができそうですね。

1位:表情

1位は、表情でした。
これも2位の声と同じような例えになってしまいますが、「お先に失礼しますっっっヽ(`Д´)ノプンプン」な感じだったら、あ、あれ?なんか悪いことしたっけ・・?・・なんて思われてしまうかもしれません。
これもときと場合にあわせた表情を使い分けて使えるとベターです。

いかがでしたでしょうか?
自分、たしかにちゃんと挨拶できていないな・・という人がいたら、表情や声、視線に注意しながら元気よく朝の挨拶をしてみてはいかがでしょうか。

■アンケート期間:2017年10月31日~11月2日
■アンケート対象:20歳以上/男女/全国を対象に、インターネットを通じアンケートを実施