プレゼンテーションのネタって? みんながやってること大調査!


〈その際、どのようなネタを取り入れるようにしていますか。〉
1位 日常に使える内容
2位 笑えるような内容
3位 一般常識
4位 体験談
5位 仕事に関する内容

5位:仕事に関する内容

プレゼンテーションは、仕事の業務に関する内容などの発表・報告で使うことが多いですよね。そのため、やはり同じく仕事に関する内容をトークの中に取り入れる人が多いようです。

4位:体験談

こちらは、聞き手側からしても嬉しい内容になるのではないでしょうか?
例えば、何かの報告であるプレゼンテーションだった場合、実際にそれを行った際の体験談などを話すと、聞き手も想像などがしやすくなりそうですよね。そういった点で、体験談を話す方も多いのではないでしょうか。

3位:一般常識

こちらも5位と同じで、仕事などと関連するような内容となりますね。
いわゆる豆知識的なイメージで、説明の合間に入れると聞き手にとって更にためになりますよね。

2位:笑えるような内容

33.6%で2位に選ばれたのは、「笑えるような内容」でした。
真面目な説明が続くと、聞き手も途中で集中力が切れてきたりしますよね。そんな時に、息抜きのような意味も含め笑えるようなネタを仕込んでおくと、相手も自分自信もリラックス出来るのではないでしょうか。
プレゼンの中身も完璧であれば、「しっかりと纏まっている上に、相手の心も掴む面白い人」と、聞き手の目にはとても魅力的にうつるかもしれませんね。

1位:日常に使えるネタ

そして1位は「日常に使える内容」でした。私生活に関わる内容だと、聞き手からしても想像がしやすくピンときたり、興味をもてるため、相手を惹きつけるのではないでしょうか?
個人的にも、こういったネタは聞いてみたいとも思えるので、私も実際に試してみたいと思います。

■アンケート期間:2017年10月31日~11月2日
■アンケート対象:20歳以上/男女/全国を対象に、インターネットを通じアンケートを実施