リーダーシップを発揮する上で一番大事なスキルは統率力?

例えば、仕事をする上でのリーダーでも、自治体の班長さんでも、何かみんなを先導して行く人は、リーダーシップを求められます。

押し付け感のあるリーダーも時にいますが、リーダーである以上、皆をグッと引っ張っていかなければならない場面が多々出てきます。

リーダーシップを発揮してみんなを先導していくには、どういったスキルが必要となるのでしょうか。

何度かここ勝手にランキングでも取り上げているリーダーシップ関連の記事ですが、今回はリーダーシップで求められるスキルとはどのようなものなのか見ていきたいと思います。

リーダーシップを発揮する上で必要と思われるスキルは?

それでは早速ですが、ズバリ、リーダーシップを発揮する上で必要と思われるスキルはなんなのでしょうか?

一番最初に思いつくのは、やはりみんなを引っ張っていく力「統率力」あたりが思い浮かびますが、みなさんどのように考えているのかアンケートデータをもとに見ていきましょう。


【リーダーシップを発揮する上で必要と思われるスキルはなんですか。】

統率力 57.1 %
コミュニケーション能力 56.9 %
マネジメント力 37.3 %
計画力 34.4 %
ポジティブシンキング 22.1 %
諦めない心 19.7 %
ロジカルシンキング 12.7 %
ファシリテーションスキル 6.6 %

1番多かったのは予想通り、統率力となっておりました。
チーム個人個人、それぞれ意見が異なることはあったとしても、離反することないようまとめあげるのがリーダーの仕事です。

また、2番目以降のコミュニケーション能力やマネジメント力、計画力などといったスキルは、最終チームを統率していくための「統率力」をより強固なものにするためのスキルと置き換えても良いかもしれませんね。

それだけ皆を引っ張っていくには、統率できるスキルがあるかに懸かっているといえるでしょう。

実際にリーダーをやる際に気をつけいていることは?

リーダーシップを発揮するには、統率力が一番必要なスキルだと思われていることがわかりました。

でも統率すると言っても、具体的にどのようなことをしたらいいのか、ぱっと想像しづらいですよね。

そこで今度は、実際にリーダーをやる際に、みなさんがどのようなことに気をつけているのか、ランキングで見ていきたいと思います。

あっき

週末はゲーム三昧、ラーメンとチャーハンのセットが好物なマジカルおじさん