ビジネス英語のメール書き出し方はどれがいい?

いまやビジネスでは欠かせないツールとなったEメール。
むしろ最近では、LINEやフェイスブックなどのインスタントメッセージでのやり取りも増えてきているのではないでしょうか?

しかし、親しき仲にも礼儀あり、っていいますよね。

ライトなやり取りであればよいですが、初めてやり取りをする相手や目上の相手、重要なクライアントに、軽いコミュニケーションを交わすのは失礼にあたります。

そんなときにちゃんとしたメールの書き方は知っておくと役立ちますね!

でもそれが日本語ならまだしも、もし英語の文書となると、「この表現が適した表現なのかどうかわからない・・」といったことも出てきてしまいそうですよね・・?

そこで今回はビジネス英語のメール書き出しについて書きたいと思います。

私、こう見えて、大学時代は英語学科で勉学に励んでおりまして、そのときにビジネス英語のなんたるか(初級)を習ったので、少し披露してしまったらすみません。

ビジネス英語の文て書く?

まずはそもそも、ビジネス英語の文章書く機会がなければそんな悩みも無用ですので、アンケートで英語でメールや手紙(文書)のやり取りをしたことがあるか聞いてみました。
データを見てみたいと思います。

【あなたはこれまで英語でメールもしくは手紙のやりとりなどをしたことありますか。】

ある 20.9
ない 67.3
覚えていない 11.8

やはり英語でやりとりしたことない人は多めですよね。
でも、意外にも2割ほどの人が英語での文書のやりとりがしたことあるとのことで、グローバリズムを感じる結果となっておりました。

メールや手紙の書き出しは何書く?

日本語でも英語でも、文章の書き出しって迷いますよね。
すんなり要件に入っても良いんですけど、少し趣を出すために季節に触れた内容を書いたり、こちらの現況を伝えたりしますよね。

英語とは少し違いますが、日本語の文書では、みんなどのように書くのかアンケートで聞いてみましたので、ランキングで見てみましょう。

あっき

週末はゲーム三昧、ラーメンとチャーハンのセットが好物なマジカルおじさん