どんな課長なら好かれる……? 今の職場課長に対する赤裸々意見!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

部長たちの前で急変!

こちらは多くあげられた理由のひとつであり、この「急変」の内容にも様々ありました。
「普段はストレスを発散させるかのように部下を頭ごなしに怒鳴っている課長ですが、部長や社長が来る度に、『そうそう。この前の指示が活かされてるね。君は優秀だよ』と突然ベタ褒め! そもそも、あなたには何も指示されてませんが?と、倍で怒りがこみ上げてきた」という優しくなる課長もいれば「普段は『好きにしろ』が口癖なくせに、自分より上の役職の人たちが課に来ると、つばを飛ばしながら私達を大声で怒鳴る熱血課長に大変身」と、こちらでは声を荒げる課長タイプが存在するようでした。

最後まで見捨てないでくれる

今度は、「好き」の意見を見ていきたいと思います。
「はじめての案件で何から始めればいいかも分からなかった私に、マネージャーはまずは仕事の進め方を説明してくれた。私自身にも考える時間を与えてくれて、間違っていることはその都度指摘。先方からのOKが出るまで、残業にも付き合ってくれました。こんなにも早く仕事を覚えられて、後輩にも助言ができるようになったのは、マネージャーのおかげです!」と、こちらは皆さんが羨ましいと思ってしまうような、素敵なエピソードでした。

「イヤミ課長」との遭遇率は以外と高い……?

「嫌な課長」と言えば、現在フジテレビ系列で放送されている「痛快TV スカッとジャパン」に登場する木下ほうかさん演じる「イヤミ課長」が、若い子を中心に話題だったりしますよね。
では、同番組で放送されるエピソードのような内容を体験したことある人はどれほどいるのでしょうか。

番組のキャラクターを知らないという人も中にはいましたが、「イヤミ課長」のような人物と実際に同じ職場で働いたことのある人は、13.6%いました。

もしかすると、あなたの近くにも「イヤミ課長」のような上司が潜んでいるかもしれませんよ……

■アンケート期間:2017年10月23日~10月25日
■アンケート対象:20歳以上/男女/全国を対象に、インターネットを通じアンケートを実施

ページ:
1

2

ページ上部へ戻る