同姓同名と出会う確率って意外と多い? みんなの名前について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

■同性同名と会ったことはある……?

では次に、同姓同名に会った経験のある人はどれくらいいるのでしょうか。
今度は、こちらについて見ていきたいと思います。


〈あなたは自分と同姓同名の人に出会ったことがありますか〉
■ある……13.4%
■ない……86.6%

なんと、「ある」と回答した人は13.4%もいました。
全体でみれば1割よりやや多いといった印象しか受けませんが、同性同名ってなかなか出会えないですよね?
そう考えると、とても多いようにも捉えられるのではないでしょうか?

ちなみに筆者の本名は、名前がめずらしいため、同姓同名にも、同じ名前の人にも会ったことはありません……。
同じ名前の人が多い人は、「もういいよ!」なんて嫌に思うかもしれませんが、普段なかなか同じ名前の人に会えない人からすると、一度でいいから会ってみて、ハイタッチなどして喜びあいたいなど思うのかもしれませんね。

名前よりも、名字で呼ばれることが多い?

先程まで名前に関して聞いてきましたが、今度は人に呼ばれる時に、「名字」と「名前」どちらで呼ばれることが多いのかについて見ていきたいと思います。


〈あなたは名字・名前のどちらで呼ばれることが多いですか〉
1位 名字で呼ばれることが多い
2位 名前で呼ばれることが多い
3位 同じくらい
4位 それ以外の呼び名で呼ばれることが多い

な、なんと! 半数以上の人が、名前ではなく「名字で呼ばれることが多い」と回答しました。
確かに社会人などになると、名字で呼び合うことが多いですよね。
名前で呼ばれるのは……ほんの一部の人からとか、同じ名字の人が複数人いた場合とかが多いのではないでしょうか?

また、少数意見ではありますが、「それ以外の呼び名で呼ばれることが多い」という人もいました。
皆さんも、名字や名前に関係のないニックネームなどを付けてもらって呼ばれたことなどありますか?

■アンケート期間:2017年10月12日~10月18日
■アンケート対象:20歳以上/男女/全国の約44,000人を対象に、インターネットを通じアンケートを実施

ページ:
1

2

アーカイブ

ページ上部へ戻る