移動手段は車? 新幹線の利用者減少の実態

突然ですが、皆さんは最近遠出の旅行をしましたか?
「はい」と回答した方は、どのような交通機関を利用したのでしょうか。
時間や金額、あなたが優先したい内容で移動手段の選択も変わってくるかと思います。
そこで今日は、新幹線について色々と調べてみました。

20歳以上の全国男女を対象にアンケートをとったところ、なんと半数以上の人が「1年に1回も新幹線に乗らない」または「新幹線には乗らない」と回答しました。
移動時間で考えると他の交通機関に比べ、新幹線は速いほうではあると思いますが1回の乗車料がやや高いと感じる人が多いのかと思います。
確かに東京から大阪へ向かうことを考えた時、新幹線のチケットを「みどりの窓口」で購入するよりも、夜行バスなどを利用すれば安く済んでしまいますよね。
また、家族で出かける場合に車を持っている家庭であれば、運転する方の負担は増えてしまうものの低コストで目的地に向かうことが可能です。
そう考えてみると、新幹線を利用する機会というのはこのように減ってきてしまうことも考えられますね。

ひとり旅行のときに困る! 新幹線で最も人気な座席位置はどこ?

会社にもよりますが、夜行バスですと座席が独立になっているものもあり1人で利用する際も隣を気にせずに乗車することが可能ですが、新幹線は3人席と2人席といった作りなため1人で利用する際には隣に人が来る可能性が非常に高くなっています。

窓際の席であれば、外の景色を眺めたりコンセントが近いので充電が可能であり、通路側の席であれば他人を気にせずすぐに外へ出られるためトイレなど行く際も回りを気にせず向かうことが出来るといったメリットがあります。
そういった点を含め、新幹線の中でもっとも好まれる座席位置はどの部分でしょうか?

【新幹線 最も好まれる座席位置ランキング】
1位 2列座席の窓側
2位 特にない
3位 2列座席の通路側
4位 新幹線には乗らない
5位 3列座席の窓側
6位 3列座席の通路側
7位 3列座席の真ん中

1番人気だったのは、2列席の窓側でした! 確かに指定席の新幹線乗車券を購入するとき、時期によっては早い段階で売り切れており2列座席の窓側だけ選択できない……なんてこともありますよね。
座席数も3列と比べ1席少ないため通路へ出入りする際もあまり迷惑にならずに済みます。

しかし年代別で見てみると、20代の男女は約2割の人しかこの場所を好んでおらず最も多かった意見が、全体の2位である「特になし」でした。

どうやら若い人は、あまりこだわりがないみたいです。
ちなみに筆者はいつも、1位の2列座席の窓側を選択し新幹線を利用しています。

他にも最前列の座席だと設置されたテーブルが他よりも大きく前に人もいませんが、近くに扉があるため人の出入りが視界に入り気が散ったり、目の前が壁なため足が伸ばせないなど、それぞれの位置で感じることが変わってくるので、自分の好みの場所を見つけるのも新幹線を楽しむひとつになるかもしれませんね。

花音

1990年代生まれのO型女子。 旅行好きで、週末にはカメラを持って全国を飛び回っています。