Instagram 認知度は高いが、利用者は少ない!?

LINE、Twitter、Facebook 現在世の中では、さまざまなSNS・ソーシャルメディアが流行しています。
その中のひとつとして、多くの方に利用されているのがInstagram。

写真をただアップロードするだけでなく、加工などが出来多くの人と共有出来ることが魅力のひとつでもあります。
多くの芸能人も使用しているこのInstagramですが、一般人からはどのくらいの認知度があり利用されているのでしょうか?

認知度は高め! 多くの人が耳にしたことのある言葉

20歳以上の全国男女を対象に「Instagramをご存知ですか?」とたずねてみたところ、最も多かった回答は43%で「名前をきいたことがある」でしたが約4割の方は知っていると回答。
全く知らなかったのは全体の2割弱と思ったよりも少ない結果になりました。

年齢別で見てみても若い年代にはかなり周知されているのはもちろんですが、60歳以上の方でも15.9%の方は知っていますし、名前をきいたことがあるを足せば、
全体の約6割には知られていることが分かります。

やはり多くの芸能人も利用しており、テレビなどでも名前を聞く機会が多いことから、このような結果になるのではないでしょうか。
それにしても年齢の高い方々にも、これだけ認知されているとは……すごいですね!

Instagram利用者は3割と低いものの、60歳以上では1割もいることが判明!

次に、「Instagramを利用していますか」と質問を投げかけてみたところ投稿・閲覧少なくともどちらかを行っていると回答したかたは、全体の約3割と認知度からはグッと下がる結果になりました。
このアンケート回答者で最も利用していそうな20代を見てみても、投稿・閲覧を共に行っている人は全体の3割もいません。

他のSNS・ソーシャルメディアと同じく非公開モードなどの機能が搭載されており、見知らぬ人からは閲覧が出来ない等出来るものの、やはりネットワーク上でのやりとりとなるため、写真の投下に少し不安を感じる方も多いのではないでしょうか?

今度は60歳以上の回答を見てみましょう。
各年代と比べればやはり「利用していない」という回答が多いものの、全体の約1割の方は少なくとも投稿・閲覧どちらかを利用しているとのことでした。
筆者的には、60歳以上の人で1割程度もいたのは多いと感じるのですが、皆さんは如何でしょうか?
ちなみに「投稿・閲覧ともにしている」「投稿のみしている」「閲覧のみしている」の中で最も多かったのは、7.2%で「閲覧している」との回答でした。
らくらくホンなどのシニア携帯が普及されてきた今、年配の方でも簡単にインターネットを楽しめますし、このような結果になるのかもしれません。
また「閲覧している」という理由のひとつとして、お孫さんなどのInstagramを見ていることも考えられますね。

花音

1990年代生まれのO型女子。 旅行好きで、週末にはカメラを持って全国を飛び回っています。