焼き鳥の好みの味・種類は年齢によって変わる? 1位は○○だった!

年齢によって、好みの味が変わる……なんて言葉、聞いたことありませんか?
今日はそんな言葉を元に、鶏肉料理の中でも多くの人達に好まれている「焼き鳥」について、年代によって好みの味や種類が変わってくるのか、調べてみたいと思います。

歳を重ねるにつれて、あっさり希望?

20歳以上の全国男女、約24,000人に「焼き鳥はタレと塩、どちら派ですか」と質問をしてみました。
気になる結果ですが、このようになりました。

どの年代もタレ派が多いものの、20代~50代を見てみると歳を重ねるにつれて塩派の人が増えていました。
40代50代の方に話を聞くと、「昔はタレ味の焼き鳥を好んでいたけれど、最近は塩味のほうが食べやすくて好き」など好みが変わったという意見もありました。

しかし60歳以上の人は、20代よりもタレ派が多いようです。
また、タレ派意見の中には「最後に余ったタレをご飯にかけて食べるもの最高!」というものもあり、この意見には思わず頷いてしまう人も多いのではないでしょうか。

年齢により、好きな部位も変わったりする……?

では次に、年齢別で好きな焼き鳥の種類を見ていきましょう

1位 鶏皮
2位 ねぎま
3位 もも
4位 レバー
5位 ぼんじり

1位 ねぎま
2位 鶏皮
3位 もも
4位 レバー
5位 ぼんじり




花音

1990年代生まれのO型女子。 旅行好きで、週末にはカメラを持って全国を飛び回っています。